引越し契約後でもキャンセルできる?角を立てずに断る理由も紹介

引越しの契約を無事済ませたものの、ほかの引越し業者と契約を結びたくなった時って、ありませんか?
もしこのような状況に直面した場合、引越し契約後でもキャンセルをすることは可能なのでしょうか?
またこの場合、キャンセル理由はどう伝えたらいいのか、気になりますよね。
そこで今回は、引越しの契約をした後にキャンセルをすることができるのかやその理由について触れていきます。

■引越し業者との契約後にキャンセルってできるの?

なんとなく引越し業者と契約を済ませてしまったら、その後はキャンセルをすることが出来ないといううイメージがありますよね。
しかし引越し業者との契約を済ませた後も、キャンセルをすることは可能です。
これはしっかりと標準引越運送約款にも定められています。

■契約キャンセルってどんな手続きをすればいいの?

引越し業者と契約をした後にキャンセルすることができるということが分かりましたが、その場合どのような手続きを取ればいいのでしょうか?
手続きの方法としては、まずは引越し業者に連絡をしてください。
引越し業者に連絡をして、引越しの契約をキャンセルすることを伝えて、指示を受けましょう。
キャンセルの連絡は、担当者がいるのであれば担当者に連絡を入れたほうがいいイメージがあるかもしれません。
もちろん担当者に連絡を入れるのも方法のひとつですが、どうしても熱心な営業トークでキャンセルをする自信がない、という人もいますよね。
この場合は、その引越し業者の代表連絡先や支社、フリーダイヤルなどがあれば、そこにかけてみるのも方法のひとつです。
もちろんこれらがあるのか・ないのかは、引越し業者にもよりますが、あるのであればそのような連絡方法もあります。
そして気をつけたいのは、その引越し業者からすでに段ボールなどの梱包類を受け取っている場合です。
段ボールなどの梱包類をどうしたらいいのか、きちんと忘れずに質問しましょう。
また、キャンセルをした時点で、段ボールなどの梱包類は使用しないように注意してください。
なんとなく契約した後にキャンセルをするのは、気が引けると感じてしまう人も少なくありません。
しかしキャンセルすることを決めたのなら、できるだけ早めにキャンセル手続きをするためにも、連絡をすぐに入れましょう。

■キャンセル理由はどうすればいい?やんわり断れる理由がほしい

引越し業者と契約をした後にキャンセルする場合、どのような理由を伝えたらいいのかも迷いますよね。
出来ることなら、カドが立たないようにやんわりと断れる理由で断りたいものです。
今回はいくつかキャンセル理由をご紹介しておきますので、参考にされてみてください。

・会社が指定した引越し業者を利用することになった
・引越しをする予定がなくなった
・親戚に引越し業者関係がいる
・引っ越し代金の準備がむずかしい

これはあくまで一例ですが、このようなキャンセル理由もやんわり断れる理由だといっていいでしょう。
もちろん過度な言い訳をして断ったり、嘘をつくのに気が引ける・・・と感じてしまいがちですが、その場合もしっかりと素直に申し訳ない気持ちを表して断るのも大切なことです。
つまり、きちんと誠意をもってキャンセルすることを申し出ることが大切だというわけです。
逆に、当たり前のことですがいかにも上から目線でキャンセル理由をぶっきらぼうに伝えてキャンセルするというのは、やんわり断れる状況から遠ざかってしまいますので、タブーです。

■キャンセル料金はとられる?

では、引越しの契約をした後にキャンセルした場合、キャンセル料金は取られるのでしょうか?
結論からいいますと、キャンセル料は場合によって発生してしまいます。
ではキャンセル料を取られてしまうのは、どのような時なのでしょうか。
そもそも、引越しの契約をした後にキャンセルをする場合、引越し当日の3日前までならキャンセル料は発生しません。
一方、2日前になってしまいますと、キャンセル料が発生してしまいます。
どのくらいキャンセル料が発生するのかは、次の通りです。

・2日前のキャンセル
→運賃及び料金の20%以内
・前日のキャンセル
→運賃及び料金の30%以内
・当日のキャンセル
→運賃及び料金の50%以内

このように1日違うだけで、引越し当日に近ければ近いほど、キャンセル料が高くなってしまうのです。
これは標準引越運送約款に定められています。
そのため、引っ越しの契約をした後にキャンセルする場合は、できるだけ早くキャンセルの連絡を入れて手続きを取ることがポイントになります。
3日前までならキャンセル料が発生しないから大丈夫と思っていたものの、気づいたら引越し2日前だった・・・などと慌てないようにしましょう。
しかし本来なら、引越し業者と契約をした後にキャンセルをするという行動は避けたいものです。
つまり引越し業者と契約をした後に契約をキャンセルする状況を作らないことが大切です。
このような状況を回避するためには、しっかりと事前に引越し業者の一括見積もりを利用して、キャンセルする手間のかからない引越しをすることが重要ですね。

■まとめ

引越しのキャンセルをするのは、キャンセル料が発生する場合があるだけではなく、手間もかかるものです。
そのため、引越しをするのであれば、このようなキャンセルをするという行動を避けるために、事前に一括見積もりを利用して引越し業者を比較することが大切です。
一括見積もりなら、手軽に複数の引越し業者を比較することができるので、納得がいく引越しの契約をすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です