【自力引越し】ハイエースに冷蔵庫は入る?事前準備や注意点もチェック

ハイエースを借りて自分で引越しをしようとするとき、気になるのは冷蔵庫などの大きい荷物が入るのか?という事ですよね。

「うちの冷蔵庫はハイエースに入るかな?」

「冷蔵庫って横にしてもいいの?」

「気を付けることってある?」

など、色々な疑問が浮かんでくると思います。

この記事では、ハイエースで冷蔵庫を運びたい人に向けて、冷蔵庫の運び方や車への積み方、注意点などを説明していきます。

そもそも自力引越しの方が本当に得なのか確認しておこう

自力で引越しをするのはなんといっても「お金をかけたくないから」ですよね。

実はレンタカー代や手伝ってくれた人への謝礼などを含めると意外とお金がかかる自力引越し。

荷物が少ない場合は特に、引越し業者に頼んだ方が安いこともあります。

そうなると、「なんの為に苦労して自力で引越ししてるんだろ…」ってなりますよね笑

そうならない為にも、一度複数の業者から見積もりをとっておくことをおすすめします。

こちらの引越し比較サイトを使えば、電話だけで一瞬で一括見積もりがとれてしまうので非常に楽ですよ。

ハイエースに冷蔵庫は”横にすれば”入る

まず最初に疑問に思うのが「うちの冷蔵庫はハイエースに入るかな?」という事だと思います。

そもそも車に積めなければ運びようがないですからね。

結論から言ってしまうと、ほとんどの冷蔵庫はハイエースに入ります。

ただし、借りるハイエースは必ずハイエース”バン”を選ぶようにしてください。

ハイエース”ワゴン”は荷物を載せるのには向いていません。

一般的に家庭用の冷蔵庫はどんなに大きくても縦190cmほどです。

独り暮らし用となればこれの半分くらいになりますよね。

一方ハイエースの荷室の大きさは以下の通り。

荷室長は2470mm、つまり約250cmほどです。

ただ、荷室高は1320mmですので、冷蔵庫を横にしないと入らないというのがネックです。

冷蔵庫は横にしてはダメ?

「故障の原因になるから冷蔵庫を横にしてはいけない」と耳にした事がある方も多いのではないでしょうか?

確かに、冷蔵庫を横向きにすると中のコンプレッサーが破損して故障する恐れもあります。

ただ、それは昔の冷蔵庫の話です。

最新の冷蔵庫はそのあたりも頑丈に出来ていますので、横向きにしたくらいでは壊れることはないでしょう。

とはいえ、横向きに運ばれるのはメーカーも想定外ですから何かあったら自己責任という形にはなります。

壊れる可能性が0ではないので、どうしても不安だという方は引越し業者に頼んで運んでもらいましょう。そうすれば補償もつきますからね。

 

ハイエースに積む場合はどうしても横向きに積むことになりますので、その場合は運んでから2時間~丸一日ほど放置してから電源を入れるようにしましょう。

横向きにして運んだあとすぐに電源を入れると故障の原因になります。

冷蔵庫を運び出す前に霜取り・水抜きの確認を

冷蔵庫を旧住居から運び出す前に霜取り・水抜きがしてあるかを確認しましょう。

霜取り・水抜きをしないまま車の荷室に積んでしまうと、荷室がびしょびしょになる可能性があります。

また、冷蔵庫の周りに荷物を載せる場合はその荷物も濡らしてしまいかねません。

霜取り・水抜きが何か分からない方もいると思いますので説明しておきます。

霜取り

霜取りとは冷蔵庫の中の霜を溶かす事です。

最近の冷蔵庫は自動で霜取り機能がついている為、自分で霜取りをする必要がない事も多いですが念のため確認しておきましょう。

霜取りの手順は冷蔵庫の電源を切るだけです。

その際、溶けた水が垂れることがあるので下にタオルなどを敷いておきましょう。

冷蔵庫に霜がある場合は電源を切ってから霜が完全に溶けきるまでに丸1日かかるので、引越しの前日までには電源を抜いておきましょう。

水抜き

水抜きとは冷蔵庫内の蒸発皿に溜まった水を捨てることです。

やり方は、蒸発皿を外して中の水を捨てるだけです。

ただ、機種によっては蒸発皿が外せない場合もあります。

そういう場合は必ず説明書をよく読んでから水抜きするようにしましょう。

冷蔵庫を運ぶ時の注意点

ここでは冷蔵庫を運ぶ時の注意点を3つ紹介します。

1.絶対に大人二人(男性)で運ぶこと

冷蔵庫は思った以上に重いもので、大型のものだと100kgを超えるものもあります。

万が一足先に落としたりすると、足の指がつぶれてしまいかねません。

ですので、必ず力に自信のある成人男性二人がかりで運ぶようにしてください。

2.冷蔵庫の角が壁にぶつからないようにする

冷蔵庫の角が壁にぶつかってしまうと簡単に壁に穴があきます。

新居が賃貸だった場合、壁をぶつけると修理代を支払わなければいけません。

そうなると、安く引越しするために自分で運んだのに逆に高くついてしまう可能性もあります。それは避けたいですよね。

不安なら冷蔵庫の角や新居の壁に養生を施しておくと安心です。

3.冷蔵庫の扉が開かないように固定しておく

運んでいる最中に冷蔵庫の扉が開いてパカパカしないように、養生テープやドアストッパー(アマゾンなどで売ってる)を使って扉を固定しておきましょう。

慣れない車の運転には注意が必要

レンタカーや友人に車を借りる場合、慣れない車の運転にも注意が必要です。

特に、ハイエースは前輪が運転席の真下にある為、曲がるときに左側をこすりやすいので注意が必要です。

まとめ

  • 本当に自力引越しの方が得なのか?を確認
  • ほとんどの冷蔵庫はハイエースに入る
  • 冷蔵庫を運び出す前に霜取り・水抜きの確認を
  • 怪我に注意
  • 床や壁を傷つけないように注意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です